クレジットカードの審査

クレジットカードを作りたいのであれば、金融会社の審査をパスしなければならないものです。

特に定職のない人や過去にクレジットカードの支払いを滞納した経験のある人は大変です。

何度申込み手続をしても、審査結果が思わしくないということもありえるようです。

複数のクレジットカード会社で利用を断られた場合には、しばらくの間クレジットカードを作成できないと思ったほうがいいでしょう。

クレジットカードの審査は、本人の身分確認のほか、勤続年数や収入、過去のクレジットカードの履歴なども必ずチェックします。

審査の段階でカード会社が勤務先に電話をして、本当にその会社で働いているかをチェックすることもあります。

人によっては、クレジットカードがなかなかつくれないこともあります。

無職の人や複数の会社からキャッシングなどをして、かなりの金額の返済が残っている場合です。

今まで金融会社から借りたお金が返済できず、破産や債権整理をしたことがある人は、新たなクレジットカードは作りづらいものです。

審査の段階で却下されてしまうようです。通常、審査に通らなかった場合はその会社系列のクレジットカードは持つことができません。

違う会社のクレジットカードであれば、審査に通ることもあり得ます。

一つのクレジットカード会社に固執せず、他のクレジットカードに申込みをしてカードを作ってもらうのも一案です。

【おすすめ】年金受給者はお金を借りれない?